エキゾチック通貨であるトルコリラ関連のFX投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は上下動の激しい週でした。
これだけ乱降下した理由を他の通貨と比較し、分析して見ました。
今回はドルリラ、ユロリラ、リラ円、ドル円を比較しています。
トルコリラの3種類については、同じ動きをしています。
値幅が異なるのは単価の違いによるものです。
変動率で見ると大差ありません。

非常に高い相関係数を示した週ですからトルコ情勢に影響があることを否定できないことになります。
そこで、ドル円との比較を見てみます。
ドル円と比較しても非常に高い相関係数を示しています。
つまり、トルコ情勢の悪化によるトルコリラの乱降下でしたらドル円に影響なく動きます。
これにより、先週のトルコリラ乱降下はトルコ情勢の悪化ではなく、円高のあおりを受けたと言えるのではないでしょうか。
なぜ円高に振れたかについては他の方におまかせします。

070714


先週だけを振り返ってみると買い増し機会を与えてくれた絶好機の週でした。

トルコリラ取り扱い会社

アトランティック・トレード


ヒロセ通商(HiroseTrader)

FX-navi オンライントレード

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eurtry.blog108.fc2.com/tb.php/46-763e970a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。