エキゾチック通貨であるトルコリラ関連のFX投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はトルコリラの運用方法の考え方を紹介します。
考え方次第でストレスなく運用できる例です。
無理な目標設定はやめましょう。

まず、運用目的を決めます。
今回は私立高校に通う学費の設定で行きますね。

私立高校の学費が月々約3万円です。
卒業まで3年ですから3万円×12ヶ月×3年=108万円
卒業までの学費が108万円ですから資本金として108万円準備します。
次に必要なトルコリラ枚数を計算します。
今回はリラ円(スワップ400円)にて計算します。
3万円/(400円×30日)=2.5枚
つまり、25,000通貨保有していれば学費が払えます。
108万円の資本で、2.5枚購入し、月々3万円づつ出金していくのです。
元々は学費で、支払うお金ですから、元本割れになってもポジションが飛びさえしなければ良いのです。
変動リスク無視して計算はあります。

リスクの考え方
1年後に
今はリラ円95円ですから、95円-(400円×365日/10,000通貨)=80.4円
3年後に
95円-(400円×365日/10,000通貨×3年)=51.2円
まで下落しても良いことになります。
何となく行けそうですよね。

ただし、5,000通貨単位でトレードが出来るのはヒロセ通商(HiroseTrader)FX-navi オンライントレードですから、アトランティック・トレードの場合には3枚購入する必要があります。
そして、スワップを出金できるのはアトランティック・トレードですから、どの会社を選択するかは自身の判断です。
まあ、資本を出金することでどこでも運用できそうですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
具体的で面白いですね。
無理しなければいまごろこのパターンで毎月3万円GET出来ましたわ。
元本失ったアフォです。
2008/02/04(月) 18:11 | URL | 雪音姉 #-[ 編集]
v-4雪音姉さんへ
そもそも資本を作るのが難しいとの話もあります。
筋書き通りに進むかどうかは難しいところですが、長い目で見れば出来ると思えるからいいですよね。
最近はスワップが激減しているのが残念です。
2008/02/06(水) 10:27 | URL | ユロリラ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eurtry.blog108.fc2.com/tb.php/35-1b262622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。