エキゾチック通貨であるトルコリラ関連のFX投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、トルコリラが非常に危険な状態に陥っています。
嫌なニュースが流れています。
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、トルコの格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に「不安定な」同国政治と世界的な環境を理由に引き下げたそうです。
トルコでは、エルドアン首相率いる与党・公正発展党(AKP)が世俗主義の解消を図っているとして、同党の解散を検討する方針を示しており、S&Pのアナリスト、ファルーク・スーサ氏は「政治的に緊張した数カ月」が続きそうだと指摘したとのこと。
スーサ氏はその上で、「ネガティブとの見通しは、トルコが直面し、厳しさが増している政治と世界的な環境に関するわれわれの懸念を反映している。これらの要因はトルコの財政事情の悪化が長引く可能性を高める」と警告した。

えっ、数ヶ月も続くの?
かんべんしてよと言いたい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。