エキゾチック通貨であるトルコリラ関連のFX投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は下落時のシュミレーションでナンピンをするケースを検証します。
下落時には最大保証金がいくら必要かを計算します。
最大損失同様に以下の条件を設定します。

まずルールです。
①スワップ益が9万円貯まる毎に1枚買い増しします。(差益は無視)
 計算上400円に固定します。
②初値より8円下落したら1枚買い増しします。
③過去の実績より、最高値105円、最安値65円とみます。
④1日の最大下落は8円とする。

最大保証金が必要な場合はどんなときか、それは最大下落時です。
最初の1枚は100円にて購入と仮定します。
8円下落したら1枚買い増しなので、最悪なのは1日で8円下落した場合です。
分かりやすくするため、毎日8円ずつ下落し、65円まで下落したとします。
(100-65)×1×10000+(92-65)×1×10000+(84-65)×1×10000+(76-65)×1×10000+(68-65)×1×10000=95万円
単純に考えると95万円が最大損失及び、必要な追加証拠金です。
スワップ益もこの短い期間では少ないので焼け石に水です。
しかし、意外と少ない損失ですね。
このケースでは、最悪の場合にはこれだけの資本金が必要になります。
この時点で毎日2000円のスワップ収入があります。
したがって、950,000/2,000=475日、実に16ヶ月は我慢の日々が続きます。
資本さえあればドンドン買い増しが出来、スワップも加速し貯まりやすくなります。
安値での保有を逃すことが無くなるので、お得な戦法ではあります。


今まで、いろいろな形でルールを提案してきました。
全てを一緒に考えると頭が混乱するので、その都度の方法と考えた方が良いと思います。
下落時に買い増ししたり、しなかったりと書いていることが都度異なる場合があります。
これは全てを把握して記事を書いているわけではなく、都度最良のケースを考えながら書いているためです。
最終的には総集編が必要かと思っています。
総集編が出来た時点で初めて実用場面で運用可能かと思います。
それまでは記事を見て直ぐ購入に走らず自分なりの運用ルールを作成すると良いと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ユロリラさん
気長に待ちますので総集編楽しみにしてます。
今までの5回の記事を参考にルール化してみたいと思います。

ところで、ユーロリラとリラ円ではどちらがスワップ狙いなら適していると思いますか。
2007/10/17(水) 00:42 | URL | K #-[ 編集]
v-4Kさんへ
いつもご訪問ありがとうございます。
総集編、何とか形にしてみます。
スワップ狙いに適した通貨はリラ円だと思います。
簡単にまとめると、①証拠金に対するスワップが一番高い。②変動率はどれも大差ないため、単価の安いリラ円は変動金額が小さく、リスク、ストレスが少なくてすむ。
これが理由です。
差益を狙うなら、変動金額が大きすぎず小さすぎずでスワップが少し高いユロリラがお勧めです。
個人的には差益も狙えるユロリラが大好きです。
2007/10/18(木) 00:19 | URL | ユロリラ #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
トルコ円がスワップ狙いには適しているのですね。
これから、いろいろと試してみます。

それにしてもトルコで悪いニュースが出ている割には下がらないですね。
2007/10/19(金) 20:45 | URL | K #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。