エキゾチック通貨であるトルコリラ関連のFX投資日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく投資方法の更新が延びていましたが、その3です。


具体的にシュミレーションします。
目標は20万/月、普通に生活する上での最低金額程度です。
毎月20万得るためには、200,000/(400*30)=16.7≒17枚リラ円を保有する必要があります。

まずルールです。
①スワップ益が9万円貯まる毎に1枚買い増しします。(差益は無視)
 計算上400円に固定します。
②初値より8円下落したら1枚買い増しします。
③過去の実績より、最高値105円、最安値65円とみます。

ではリスク計算をします。
最悪の損失はいくらになるか。
最悪の損失とは、最高値で購入し、最安値まで下落した場合です。
ではリスクは最大いくらかを計算します。
どの場合に一番リスクが高いのかを計算すると、
目標である毎月20万得るためには、17枚リラ円を保有する必要があります。
17枚をどの金額で購入した場合のリクスが最大か。
1枚はスタート時に100円(現行価格)で購入し、残り16枚を最高値105で購入後に最安値65円までの下落時です。
単純に考えると(100-65)×1×10,000+(105-65)×16×10,000=675万円が最大損失です。
んー恐ろしい損失ですね。
ではこれを購入ルールに基づいて計算をやり直します。
100円で購入し、225日後に105円まで騰がったとします。
(105-100)×1×10,000+400×225=+140,000円です。
スワップで9万円利益を得る毎に1枚回増しですから、17枚購入時には
(105-100)×1×10,000+(105-105)×16×10,000+90,000×16=+1,490,000円です。(90,000が自己資金)
これが17枚購入し終わった時のスワップ益になります。
この時点で1円下落毎に17万の損失が出ますので自己資金を抜いた1,400,000/170,000≒8.23円
つまり、105-8.23=96.77円までの下落でチャラになるわけです。(下落中のスワップは無視しています)
通常はその前に利確しますからそこまで損失が膨らまないと思います。
しかし、スワップ益を目的としますので、そのまま放置したとします。
最大損失675万-スワップ益140万=535万が実質のリスクになります。(この金額は自己資金として必要です)
そして、毎月20万のスワップ益がありますから535/20≒27ヶ月で回収出来ることになります。
つまり、どんなにリスクがあるように感じても27ヶ月我慢すれば以後はノーリスクで毎月20万円のスワップ収入があるのです。
17枚保有までが2年3ヶ月ですから、最大リスク回収と合わせて4年半後にはノーリスクで毎月20万円のスワップ収入があるのです。
確かに最高値、最安値、スワップなど不確定要素を固定して考えていますので、この通りになりません。
しかし、高金利通貨ならではの運用方法が可能なことが分かって頂けたと思います。

理論的にはポン円などの高金利通貨でも可能なのですが、ポン円はあまりにも上下動が激しすぎて計算が出来ません。
これは理論上ですが、トルコとの金利差が今をキープし、トルコ経済、日本経済が破綻しなければ100%達成可能です。


次のステップでは下落時のシュミレーションします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。